転職はマイナスではありません!!自分にあった職を探しましょう。

転職は計画的に進めていくべきです!

転職を考えるのであれば、計画的に進めないと…無職になります。
私自身も転職を考え前職を辞めたのですが、辞めてから3年以上経った今でも正社員としては働いていません。
現在はフリーターとして働いてはいるものの、とても厳しい状況です。

前職を辞めた理由は、仕事条件の悪化やトップ(上司)との人間関係によるものですが、私はその仕事は好きでした。
年度末になり急に突きつけられた仕事条件に辞めざるを得なくなった状況なので、その仕事に対する諦めがつかないというのも転職がうまくいかなかった理由かもしれないです。
私が前職を辞めたのは20代、まだまだ大丈夫だと気楽に考えていました。これも失敗の原因です。

辞める理由が何にせよ早く行動に移さないとダメです!
ダラダラと転職を考えているだけでは、時間も無駄になりますし、職に就けるかも分からないです。
自ら望んで仕事を辞めて転職するのであれば、急にではなく、ちゃんと段階を踏んで進めるべきです。

ポジティブな転職とネガティブな転職

なんだか最近私の周りで転職する人が多いです。
勤めて3年という区切りが経ったからなのかわかりませんが、流行りではないですよね?
嫌になって辞めたという報告はネット上では見ず、直接会って話してくれることが多い一方で、SNSで転職を公表する人は次の目標に向けて再スタート!というようにポジティブ転職なようでした。
後者は、そんなにやりたいと思えることがあっていいなと羨ましく思いました。

私はと言うと、今のところ転職したいなと思うことはありません。
むしろ、いつまで今の会社で仕事を続けられるかなと思っているくらいです。上司が歳を取ってきているので、その人が変わってしまったら嫌だなと思うのです。
この仕事も毎日楽しいと思えるくらいでとても贅沢だなと思いますし、今は恋愛というより仕事という感じですね。単純に出会いがないということもありますが・・・。
それぞれポジティブな転職もネガティブな転職もありますが、いずれにせよ転職して良かったと思える結果だと良いなと思います。

転職での面接内容は?

前の会社が肌に合わなかったりブラックだったり。
またはスキルアップや新たなビジョンが浮かんだり、理由はさまざまですが転職を行う人は多いですね。
転職のときに行われる面接は、新卒のそれとは内容が違いますので事前に準備をして臨まれるのがいいでしょう。
面接官が聞きたいことはまず転職理由。採用したもののまた何かと理由をつけて退職されては採用や教育にかけたコストが水の泡です。

たとえば転職先の会社を選んだ理由を述べたとして、それは前職では適わない理由なのか、先を見通してリサーチ・決断し、自分の選択に責任をもてるのか質問をかぶせるのは通常レベルです。
そして前職で得たものと苦戦した経験などを聞かれます。
全く同じ職種でなくとも受け入れてくれる企業は沢山ありますが、社会人として、または業界人として前職で学んだのはどんな経験なのか。
吸収しアピールする力があるのかも見ます。
新卒の真っ白な状態ではなく今のあなたを採用するメリットをしっかり伝えましょう。

転職期間は急ぎ焦らず

社会の中でお金を稼ぐ手段は人によって様々な方法があると思いますが、一番多いのは雇用されて職に就くことだと思います。
ですが終身雇用の時代も過去になりつつあり、様々な都合によって一時的に離職する事も多いかと思います。そして次のステップでは多くの方は転職を選択する筈です。
一言で転職と言っても葛藤は付き物です。

若い時の転職はチャレンジ精神が強いかもしれません。
とりあえず様々な職に就いて自己を磨いていこうとする傾向があります。
しかしある程度の社会経験を積んでいくと今まで自分がやってきた物の中から選択しようと考える筈です。
その範疇の中においてのチャレンジと言えます。でも焦りは禁物です。

早く社会参加をしたいと焦って動いても色々と見落として後悔が残る結果にしかならない事が多いです。急ぎつつも焦らない判断を下したいです。
せっかく次に就く職ならば時間の許す限りじっくりと検討する事をお勧めします。本当にこれでいいのかと自問自答を繰り返して最後の最後で決断を下すと良いでしょう。
面接を落ち続けて冷静に判断が下せない時も同じです。企業と人間、人間同士の関係なんて相性でしかないのですからそこに悩む必要性はないです。

今自分が行くべきところに道が開けて、またそれがダメでも違う道を模索出来る位の気持ちの余裕はほしいです。
転職期間は活発に動きつつも、ある時は冷静に考えてしっかりと今後を見据えた判断を行う事が望ましいでしょう。

転職は体力が必要です。
転職を考えているならば、情報収集だけでも早めにやってみたほうが良いかと思います。
今はインターネットがありますから、パソコンやスマホ、携帯で仕事の情報や求人は簡単に調べられます。

しかし実際に行動しようとすると体力とかはどうしても必要になります。
仕事をするっていうのは体力と気力が必要だなって痛感してしまいますね。
転職エージェントさんとかを使ったりできるんですけど、それでも呼びだされたりとか色々しちゃいます。

履歴書の書き方セミナーとかありますけど、正直基本を押さえたらその辺はあまり問題にならないよなって感じです。
勉強はしっかりした方がいいと思うんですけど、回数重ねるほどではないかなって。
あと転職エージェントは早く決めたいので、仕事が決まりそうになるとすぐに決めに掛かる人が多いから注意が必要ですね。
多少強引なことを言ってきたりするので冷静さを持たないとブラックな企業に入ることになりかねません。
利害関係のない人に相談できるような環境は整えておく必要はありそうです。

最後は自分が就職する会社を面接してあげているんだという開き直り
今から5年前、26歳の春に当時勤めていた会社を辞めて転職に踏み切りました。
その時やめた会社では営業をしていました。
営業職をされていた方はおわかりかと思うのですが、毎月の営業目標を与えられて、その目標に未達であった場合の扱いたるや、今思い出すのもはばかるほど酷いものでした。
結局自分の力の無さから来る結果なので、負け惜しみでしかないのですが、ほとほと力尽き転職をする決意へえとなったのであります。

転職を志したものの、あれがやりたいという高い志があってのことではなかったので、次に何をやるのかを考える事から始めなければなりませんでした。
私はお金持ちになりたいという何とも子供じみた、漠然とした考えにいたりました。
単純に経理の仕事を探そうということになりました。

26歳の経理未経験を中途採用する企業は少ないです。
10社に書類を送り、20社に断られ、50社を超える頃には自分がこの世で必要のない人間なのではないかとうつになり始め、88社目で何とか採用に至りました。
今勤めている会計事務所です。
最終的には、自分が面接されているのではなくて、自分が働くに値する会社かどうか面接をしてあげているんだと思い切って開き直り転職活動をしていました。

80社を超えた当たりでは、面接でもはっきりと、御社が私が働くに値するかどうかを確認させていただきますと言う事をはっきりと申し上げています。
最終的に勤めることとなった会社の社長は、お互い履歴書一枚ではわかり合えない、君のようにはっきりものを言える経理はこれからの我が社に必要だと行ってくれました。
転職はうまく開き直れたもの勝ちです。

転職活動によい時期と会社

転職活動をする場合、求人が多い時期が理想的だと考えます。
1年間のうち、年明けから春先が一番多いのではないでしょうか。
また、この時期になると新卒者の就職活動も活発になると思われますので、いかに自分を会社に売り込むかが重要になってきます。
新卒者と転職者の大きな違いは、転職者は仕事の経験があるということです。

これは大きな武器になりますので、職務経歴書などを作成し経験した仕事の詳細を会社に伝えることで印象も持ってもらいやすくなると思います。
就職したいと思っている会社の業績が良くなっているかを知ることも重要です。
会社が安定して業績を伸ばしているのなら問題はありませんが、時期によっては、業績が下がっている会社もあります。

世の中の注目が何に集まっているかでも左右されますが、業績が良くなっている会社は、とてもポジティブ思考になっていると思われますので、転職しても働きやすい環境を整えてもらえると考えます。
10年後や20年後も安定して働ける会社がいい会社ではないでしょうか。ですので、その会社がどういった経緯で業績を上げてきたかも調べてから転職活動するのがいいと思います。

【転職失敗体験談】大手IT企業といっても担当者による

転職して給与が上がることを夢見ていたあの頃の私に伝えたい!
これまで7回転職した私が、震えるほど腹が立つ転職の失敗体験をお話します。

私はIT系の仕事を15年以上続けていましたがデスマーチな仕事にうんざりして転職を真剣に考え、某有名転職サイトで企業を探しました。
候補として見つけた企業の中に、名前を聞けば誰でも知っている大手IT企業がありました。
そのネームバリューに油断してしまい、面接や試験などとんとん拍子で手続きが進んだことに浮かれていたんでしょうね。
最終的な雇用契約をするときに、担当者と契約書の内容に含まれていないことを口約束してしまったのです。

私は次の日から契約社員として働き始めました。雇用期間を区切った契約社員として署名したのは問題ありません。
問題はその後、期間満了に伴い、双方に問題がなければ正社員として雇用する、そういうクリティカルな内容を書面にせず、口頭での約束として済ませてしまったのです。
私の雇用期間が終わる頃、口約束した担当者は退職していました。
口約束ですから後任の担当者は「聞いていない」を繰り返し、上長も無視するばかり。
結局私は次の年も契約社員として働きましたが、その後も約束が守られることはなく、落胆したまま再び転職しました。

あれから数年経った今、おかげで契約書をしっかり確認する癖がついたのでネームバリューだけで判断することなく、しっかり対応するようになりました。
当時は失敗したと落ち込むことが多かったですが、それをバネに次を探すことができたので概ね良しとしましょうか。

転職から得られるもの

転職を考えてはいるがズルズル・・。そんな経験をしたことはないですか?

転職しても果たして今よりいい環境になるのか?
今の職場に対して悩むことがあるように、転職に対しての不安要因はいくつも出てくることでしょう。

真面目な人ほど転職するまでに時間を費やす傾向にあります。
私の女友達で、会うたびに仕事の愚痴をたんまりとこぼしていました。
土日休みたい。残業ばかり。ワガママすぎるお客さんばかりで疲れる。など、転職したい転職したいと言っていましたが、結局8年以上も働き続けていました。
指導されていた彼女はいつの間にか指導する立場です。
働く期間が長くなればなるほど、情が沸いてきて、自分の穴埋めは誰にもできない、と思いがちになってしまいます。

私もその中の一人でした。
仕事に慣れてくれば慣れてくるほど、自分の仕事をこなせるようになり、他人の仕事のフォローまで覚えて、気が付くとおんぶに抱っこをしていました。私がフォローに入るのは当たり前の環境になってしまい、息が詰まるようになりました。

確かに経験者が一人抜けてしまうと、その分の穴埋めは周りの人たちに少しでも負担がかかってしまうでしょう。しかし、それも時間の問題です。
あなたが新入りだったとき、会社はそれなりに機能していたのではないでしょうか?

少なくとも少しでも何か得たものがあると思います。
転職先でも何か得られるものがあるはずです。

慣れた職場から離れるには、時には潔さが必要です。
仕事の内容、人間関係、通勤距離、職務の拘束時間などなど、見切りをつけられるほどのことがあれば、転職に対して前向きになるキッカケのひとつになるでしょう。

私は何度か転職した経験があります。
やりたいことが見つからなくて、親戚の経営する美容室で見習いとして勤務しましたが、パーマ液が肌に合わなくて辞めなくてはならず、パソコンに興味を持つようになり、OA事務を数年経験しました。
さらに苦手な電話対応を克服したいという思いと、もっとパソコンを極めたいと思うようになり、ユーザーサポートのコールセンターに数年務めました。
結婚し、子供ができてからは、家族との時間を優先した仕事を選ぶようになりました。家から近いこと。休みの都合がつきやすい職場環境。
どの職場も職場環境を比べたらそれぞれ異なります。
得られるものもそれぞれです。
しかし、たとえ職種が異なった転職先でも、それぞれの経験が力になってくれたことは確かです。
臨機応変に対応ができるまでにそんなに時間はかかりませんでした。
人間関係も大切ですが、与えられた仕事を与えられた以上にこなすことに目を向ける行動が取れるようになるので、人の目より目の前のことに集中しようと必死になれるでしょう。

転職は自分に対して前向きなれる要素が何かしらあると思います。
もちろん、転職せずひとつの職場に継続して在職し続けることも素晴らしいでしょう。
そして、思い切って転職してみる。という手も、新しい自分に出会える素晴らしい経験のひとつといえるはずです。